読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vim でペーストしようとすると`<PasteStart>xxxx<PasteEnd>` の形式になる件

詳しく追っかけてないけど、vimrc に以下を記述して解決

set t_BE=
$ vim --version
VIM - Vi IMproved 8.0 (2016 Sep 12, compiled Jan 24 2017 10:22:56)
MacOS X (unix) version
Included patches: 1-225
Compiled by Homebrew

参考

delayed_job の ワーカー を graceful にする

現バージョン v4.1.2 で、graceful にできないのは、 内部で依存している Daemon に渡すオプションがうまく渡せていないため。 delayed_job/command.rb at v4.1.2 · collectiveidea/delayed_job

ここの部分。

そしてこの問題、

https://github.com/collectiveidea/delayed_job/pull/459

この時から force_kill_waittime オプションを受け付けていないことを指摘されていて、

https://github.com/collectiveidea/delayed_job/pull/916

このプルリクで解決したっぽいようにみえたが、ARGVだと、force_kill_waittime の args をそもそも期待していない Daemon の挙動があるので、 普通にメソッド引数で渡さないといけないところが解決していない。 という指摘があって、それを解決するのがこれ

https://github.com/collectiveidea/delayed_job/pull/925

一旦こちらがマージされるまで、モンキーパッチで Daemons.run_proc に強制的にforce_kill_waittime を渡す形にする。

`wkhtmltopdf-binary` のバージョンに注意

  • 最新の 0.12.3.1 だと、どうもサーバに中華フォントがインストールされている場合、IPAより中華フォントが優先されてしまう模様
  • 一旦 0.9 系に戻すことで対応した

`each_with_index` が使えるのになんで `with_index` が使えない?

  • with_indexEnumerator のメソッドだから、ただ Enumerable を継承しているクラスからは使えない。

CSV::Row でインデックスを1から始めたいんやが・・みたいな事案で each_with_index して、ブロック内で +1 とかしたくない時に

zsh のtabキー押下時の挙動が変

例えば、

rspec まで入力して、spec/mode のように入力しながら tabキー で補完していく動作をすると、
(eval):1: command not found: といって荒ぶり出す。肝心の補完は当然できない。

rm ~/.zcompdump で直った。

zshrc で compinit の位置を変えたりした時になんかおかしくなったかな?とりあえずキャッシュファイルを消してみるというよくある手法で解決。